SEOをあらゆる角度から検証しますTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> -
> 【strong】タグなどの強調タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【strong】タグなどの強調タグ

論理的強調タグである、【strong】タグ。ちなみに物理的強調は【b】だね。ここらへんはOKっすか?では次に行きましょうか。

と言いながら説明しときますと、【strong】タグで囲まれたキーワード、テキストは他より強調される。【em】というのもあるが、これは斜体になり、若干協調されるという程度。そこまで神経使って使い分ける必要もないと思う。

ここらへんのタグを使う上で大事なことは、あくまで「マークアップ」として使う、ということなのだ。確かにSEOとしての効果はあるが、この【strong】タグで上位表示を狙おうと思わないことである。乱用などはもっての他で、順位低下の原因になるんで注意っすねぇ。

使う個数はいくつまで?とかよく聞かれるけど、別に制限はないデスよ、そんなん。まあ、2つか3つってとこかなァ。だいたい、そこらへんが自然っしょ?最適化として考えた場合ね。この【strong】タグも使い方が難しいんよね、ほんと。

乱用しててYahooで上位表示されてるホームページも結構あるから。ここでひとつ、スパムチックな使い方をお教えしましょうかあ。けっこうやってるとこあるけどね^^

【h1】タグや【h2】タグに【strong】タグを使用する、というもの。この使い方、間違ってるという人もいるがはたしてどうだろうか?大見出し中で強調したい単語をマークアップ、と考えればあながち正しい使い方と思いませんか~♪

MSNとは 意味/ユーザーエジェントとは 意味/クローキングとは 意味/バグとは 意味/マークアップ用語とは 意味/コンテンツとは 意味/サイトエクスプローラーとは 意味/リンクジュースとは 意味/トラフィックとは 意味/パーソナライズド化検索とは 意味/コンサルティングとは 意味/アフィリエイトとは 意味/オープンソースとは 意味/形態素解析とは 意味
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

yappariyahoo

Author:yappariyahoo
役立つSEO対策をご提供♪

SEO メニュー
PRリンク
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。