SEOをあらゆる角度から検証しますTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> -
> HTMLソースの書き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTMLソースの書き方

SEOにおいて、どのようなHTMLを書くのがベストなのか、正しいHTMLとは?そのへんを解説していきましょう。YahooとGoogleとの関わりも含めてね。

今、世界においてはW3C(World Wide Web Consortium)と言って、WEBにおける標準化を推進するために設立された非営利団体があります。そこでWEB標準といって、ソースはこう記述しましょう、みたいな書き方があるんだわ。

「xhtml+css」という記述の仕方。これがWEBのスタンダードと言われているわけ。正しく言語を記述(xhtml)し、デザインはきっちりスタイルシートで外部ファイル化(css)しましょ、というもの。まあ、ちんぷんかんぷんでも構いません。こういう記述の仕方がWEBの世界ではスタンダードなわけ。

じゃあ、SEOとの関係はと申しますと、若干有利かもって感じですね。HTMLソースがすっきりして検索エンジンのロボットが読みやすい、という程度っすけど。Googleでは顕著かなあ・・。検索エンジン最大手、グーグルはそのへんも見ているはず。

Yahooはというと、SEO的にはまったく関係ありません。むしろテーブルレイアウトで記述したほうが上位表示しやすいとさえ感じるほど。ヤフーはわが道を突き進んでおります。

結論として、ソースの軽量化をするための方法としてスタイルシートぐらいはマスターしといたほうがって感じでまとめておきマス♪

FX|FX 外国為替証拠金取引|FX 投資|FX トレード|FX 必勝法|FX 比較|FX 用語集|
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

yappariyahoo

Author:yappariyahoo
役立つSEO対策をご提供♪

SEO メニュー
PRリンク
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。