SEOをあらゆる角度から検証しますTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> -
> エイジングフィルタはある?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイジングフィルタはある?

ちまたで話題になっているエイジングフィルタ。ドメインにも年齢があるという考えで、新しいドメインは若いから上位表示されにくいというもの。アメリカなどでは中古ドメインの売買なんて平気で行われているぐらいだ。

日本でも古いドメインほど価値があるとされているらしく、検索エンジン登録代行社などでは登録リストのドメイン取得年数までホームページに掲載しているほどである。もちろん、取得されて時間が経過している古いドメインは高額で取引されている。

ただ、このエイジングフィルタの概念は分かるが、実際んとこどうなんでしょうね?実は賛否両論あるんですよ、これも。Googleだけの概念で、期間は3か月~6か月だとか、フィルタに引っかからないときもあるだとか、Yahooではエイジングフィルタはないとかあるとか・・・。

要するに誰もほんとは分かってないんだわ、実は。そもそもSEOなんて正解はないし、業者も含めて推測でSEOしてるに過ぎない。過去の傾向からある程度分析できるが、あくまで過去のこと。アルゴリズムは刻々と変化していくのです。

エイジングフィルタについては、私の検証ではこう。サイトとしての価値、強さはドメインが古いほうが有利。そうゆー意味で「エイジング」の概念はあると思う。ただフィルタはどうだろって感じ。基本的に検索エンジンは新鮮な情報やサイトを重要視する傾向にある。

当然、新鮮なサイトはドメインが新しい。もちろん、古いドメインで内容が新しいってゆー場合もある。エイジングフィルタについてはまだはっきり分かりません・・・。

レーシック|レーシック 手術|眼科 レーシック|レーシック 失敗|レーシック 体験|レーシック 芸能人|レーシック 福岡
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

yappariyahoo

Author:yappariyahoo
役立つSEO対策をご提供♪

SEO メニュー
PRリンク
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。