SEOをあらゆる角度から検証しますTOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> -
> 色んな世界に拡がっているネット検索窓。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色んな世界に拡がっているネット検索窓。

この前ネットオタク(自称)の友達に会いました。
とっても美人なのに、土日はどこにも行かずにずーっとネットサーフィンしてるんですって。
急に言いだしたのが「おもしろい検索ワード教えてあげようか?」
と言われ教えてもらったのですが、私は1つハマってしまいました。
もしあなたもネットサーフィンするなら、どうぞ。


◎ 「日光テレビショッピング」
・入れ歯洗浄剤「ガンバレおじいちゃん」→オレンジフレーバー+甘味料
 →月々8000円×15回

なにこれ。
正直まじめなあたしは最初ギャグが通用しませんでした。
本気で飲めるジュース売ってるのかと・・・・・
なに、昔の日本はアメリカレベルのギャグレベルだったというのか。

「しょーもね」

なんかwikiで調べてみたら「北半球で1番くだらない番組」だって。

「しょーもね」


◎ Amazing dance
youtubeで調べたらわんさかすごいダンスっていうか
もはや「人間の動きでない」ダンスが繰り広げられています。

個人的にオススメなのが「Amazing Dance Strength」です。
なんかもう一人のバトルしている人がすっごく惨めに見えてしまうのは
私だけでしょうか・・・・・・?



◎ 「意味がわかると怖い話」
これはねぇ・・・すごくハマってしまいました!
最初はね、読んでても全然意味がわからないんですよ!
ただ慣れてくると「あぁ、ココかっ」ってわかってきます。

うん、またこれだけでまとめ作りたいな~なんて思います。
「ホラー」系の本当に怖い話が8割なんですが、
有名なのはこれ。




昨日は山へ足を運んだ
今日は海へ足を運んだ
明日はどこへ行こう
私は頭を抱えた

「手を焼いているんですか?」
と聞かれたので、振り向いてこう答えた。
「どうも」






ん?となるかもしれません。
しかし見方を変えると・・・・・・

ぎゃーっ涙


個人的にはくだらない話の方が好きです。
怖がりですからね。
くだらない話例↓


会社に嫌な上司がいた。

脂ぎったデブ、ダサい眼鏡、必死に隠そうとしている薄らハゲ。


ハゲデブ眼鏡の三拍子そろった上司を彼女は嫌っていた。

ある日彼女は白髪が生えていると偽り上司の髪の毛を一本抜いた。

それを友人の呪い代行人に預け丑の刻参りをしてもらった。

しかし上司はピンピンしていた何年たっても元気だった。

藁人形に入れられた髪も何年たっても朽ちなかった。










解説 上司の髪はヅラだった。




いかがでしょうか?
今週の週末はネットサーフィンでつぶせてしまいそうですね!
しかし意味がわかると怖い話、まとめたいなぁ。





PR

可愛い柴犬をお求めならば
http://koibuchikensha.com/
スポンサーサイト
プロフィール

yappariyahoo

Author:yappariyahoo
役立つSEO対策をご提供♪

SEO メニュー
PRリンク
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。